• ホーム
  • 実例
  • 【相続事例】相続財産がシンプルなケース
2023/03/31

【相続事例】相続財産がシンプルなケース

白山市(石川県)T様

相続財産は預貯金のみ

県外にお住まいのお父様がご逝去され、ご兄弟と遺産を相続することになったT様。
相続税申告のご相談でお越しになりました。
お父様の遺産は、不動産はなく預貯金のみとシンプルな構成との事。

他の税理士事務所に相談した際に提示された申告報酬が高額で、
財産がシンプルなだけに納得が出来なかったとのことでした。

財産が「ない」ことの証明

弊所とご契約いただく条件として、以下の点をご提示させていただきました。

  • 預貯金の取引履歴の取得と入出金の確認
  • 生命保険契約等の有無の照会
  • 所有不動産の照会
  • 過年度の税務申告情報の照会

財産構成がシンプルであるため、評価の工数はほとんどございません。
申告内容としてはかんたんです。
ところが、シンプルであるが故、税務署側からの見え方としては、
「他に財産があるのに、申告していないのではないか」と余計な疑いをかけられてしまうという懸念がございました。


税務署から余計な問い合わせをさせないためにも、疑念をいだかれやすいポイントに先回りをして、T様のご申告では相続財産が「ない」ことの証明に主眼をおいて申告をさせていただきました。

相続税申告をお任せいただくメリット

T様は、ご自身で申告をなさろうと考えられた事もあったそうです。
確かに、難易度の側面から見れば、申告書を作成することは決して不可能ではないと思います。
しかしながら、

  • 財産構成がシンプルであるが故のリスクに気づく事
  • リスクに対して対応策を踏まえた証拠固め(エビデンスの収集)を行う事

は、プロの世界においても確かな経験がある者でない限りそうできることではございません。

私どもは、お客様のリスクや納税額、税務署からの視線などを常に天秤にかけて申告書を作成しています。

普段、税金と縁遠いお客様にとっては、あまたの税理士の中から誰を選べばよいのか、はたまたご自身で申告を行った方が良いのか、確固たる判断基準を持つことは至難のことと思います。

その様な中、私どもの技術を信頼して申告をお任せ下さったT様、
この度は弊所にご依頼いただきありがとうございました!

CONTACT

お問い合わせはこちらから

ご面談が可能な日をカレンダーにて確認できます。
どうぞお気軽にご利用下さい。

ご面談予約・問い合わせ