2022/01/16 実例

株式会社 A 様(内装工事業)

法人成りサービス事例

ご相談のきっかけ

おひとりで個人事業を立ち上げてから5年。開業当初から弊所をご利用いただいておりましたお客様が、法人を設立することになりました。

弊所の法人成りサービス

新たに法人を設立して個人事業を引き継ぐことを「法人成り」といいます。

個人と法人では、税金計算のルールや、社会保険の加入義務、取引先や金融機関に対する営業上の信用など様々な面で有利不利があります。

そこで、法人化のご相談では、お客様が望まれる法人化のメリットについて丁寧に伺い、打ち合わせを重ねた上でご判断をいただいております。

▼打ち合わせのレジュメ(参考)
分かりやすい資料作りにこだわっています。

個人と法人の比較表
個人と法人の比較表
国保の試算表
国保など社会保険の試算も行います。
お金の流れを表したプラン図
お金の流れを表したプラン図

法人設立まで一気通貫

法人設立にあたっては、他の専門家との連携がかかせません。
スムーズに手続きが進むよう他の専門家への橋渡しもしっかり行います。

サムネイルの写真は、司法書士の先生とお客様、弊所代表が記念に撮影したものです。

法人設立のお祝いに花束を贈呈される男性
掲載を快諾してくださった皆様、ありがとうございました!

お客様が最後まで不安なく手続きを進められるよう、他の専門家との打ち合わせの場には必ず税理士が同席しております。

最後に

「法人成り」は、どの税理士事務所でも扱う業務ですので、表面的には大差ないように思われます。

しかしながら、税金面だけではなく、税以外の分野にも目を配らなくてはならず、実は難易度が高い業務でもあります。

  • インボイス制度が始まる前に、法人成りを検討したい。
  • マイクロ法人が本当に得かシミュレーションしたい。
  • 法人成りについてセカンドオピニオンを受けたい。

このようなことでお悩みの方はお話をお聞かせください。
お客様がムダなく、よりよい選択ができるよう配慮したサービスとなっております。

CONTACT

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ

076-208-3963

平日 9:00~19:00