2021/09/08

相続税かかる?かからない? 自分で判定する方法!シリーズ➁(基礎控除・現預金編)


パソコンに向かうハリネズミ

相続税要否判定コーナーを使ってみよう!

国税庁の「相続税要否判定コーナー」を使って、相続税がかかるか、簡易判定してみましょう。

前回の記事はこちら
相続税かかる?かからない?自分で判定する方法!
シリーズ➀ https://naho-taxoffice.com/info/souzoku-kakaru/


相続税要否判定コーナーを開いてみよう

さっそく下のリンクから、開いてみましょう。

相続税の申告要否判定コーナー

・相続税の申告要否判定コーナー(画面中ほどのリンクから利用できます。)

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/shinkoku/sozoku/sozoku.htm

トップ画面~法定相続人の数の入力まで

➀ トップ画面下の「新規に申告要否の判定を開始する」をクリック

パソコンに向かうハリネズミ

➁ 申告要否判定までの流れを確認したら、「次へ進む」をクリック
※ 今回は、1の法定相続人の入力2の相続財産のうち「現金・預金」の入力を行っていきます。

相続税申告要否コーナー 判定の全体像

➂質問に答え、計算ボタンを押し、「次へ進む」をクリック

法定相続人の数の入力画面

相続財産の入力

相続財産の金額を、種類ごとに入力していきます。
今回は、相続財産のうち、「現金・預貯金」部分を入力していきます。入力ボタンをクリックしましょう。
相続財産(現金預金の部分)

▶1 現金

亡くなった日の実際に手元に残っていた現金の額を入力します。

●手元に残っていないお金に注意!
葬儀代の支払や当面の生活費のために、亡くなる直前に口座から現金を引き出すことがあります。
亡くなった後に使ってしまったとしても、あくまでも亡くなった時点での現金残高を入力します。
画面では、手元にあった現金が50万円、亡くなる直前に口座から引き出した現金が100万円として、合計150万円を入力しています。
相続財産-現金の入力箇所

▶2 預貯金

こちらも亡くなった日の、各口座の残高を入力しましょう。
画面では、A銀行に500万円あったとして入力しています。

●名義預金にご注意!
上から2段目に、「B銀行 名義預金」とあります。
名義預金とは、口座の名義人とお金を預けた人が違う口座のことです
たとえば、子供の名義で親が管理していた口座などが該当します。
名義預金は税務調査で必ず指摘されますので、注意しましょう。
相続財産-預貯金

▶合計金額の確認

入力が終わったら、画面右下の「入力終了(次へ)}ボタンをクリックし、合計金額が集計されているか確認しましょう。
相続財産 合計額画面

作業内容を保存する

ここまでの作業内容を保存します。
画面一番下の、「入力データを一時保存する」をクリックします。


データ保存をクリックすると、データがダウンロードされます。次に入力を再開したいときは、このデータを読み込ませます。
作業中断2

まとめ

一番身近な財産である現金・預貯金でも、知らないと見落としがちなポイントがあります。
一つ一つの財産を確認して、判定シートを完成させていきましょう!

次回は、「建物」の財産について解説します!お楽しみに!


★みやび相続支援機構では随時、相続のご相談を受け付けております★

■ 相談方法
 ご来所 (初回相談無料)

 ※注意事項
 ・LINE、メール、お電話でのご相談は賜っておりません。
 ・脱税相談と判断した場合はお引き受けいたしかねますのでご了承ください。
 
■ お問い合わせはこちら
  https://naho-taxoffice.com/contact/

■ こちらでもお役立ち情報を発信しております♪ 
Twitter:https://twitter.com/naho_taxoffice

CONTACT

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ

076-208-3963

平日 9:00~19:00

LINEでお問い合わせ

面談ご予約は
LINEでも賜っております。
お友達登録はこちら!